後援会結成
  
   <月日のたつのは早いもの・・・>という言葉が
  ありますが、初出馬の前年、1982年2月22日に
  西浅草2丁目の八幡神社の町会会館で、飯田
  繁夫氏を代表に「はるよし会」が発足。
   つづく4月14日には、花川戸にある区民会館
  8階の精養軒で、後援会長に関本幸一郎氏が
  就任、地域の有力な方々、友人・知人etcの
  激励とご支援を得て「田口はるよし後援会」が
  結成されました。
 
   「台東区の活性化」と「私たちの子どもや孫に 
  安心して手渡せる社会の実現・・・」を目指して、
  諸活動が全開しました
  若さと情熱と行動力

   一期目の最終年度には、これも新人としてははじめて、企画総務委員会の副委員長に選任され
  ました。
   <地道に着実な努力をしていれば、どこかで誰かが評価してくれる・・・>と、意を強くしたものです。
   この四年間を振り返ると、浅草小学校の時計台がある新校舎の完成や、リバーサイド・スポーツセンター
  体育館のオープン、NHKの全国音楽コンクールで、金竜小学校が最優秀賞を受賞したこと。
   また、松が谷福祉会館の完成、桜橋の開通、浅草文化観光センターの開設、リバー・サイド陸上
  競技場の完成、更に朝倉彫塑館のオープン、駒形中学校の落成や、森のある学校として母校・金竜
  小学校の移転・新築完成、芸大奏楽堂の移築落成・・・。
   数え切れない沢山の出来事が、懐かしく思い出されます
  競輪場外車券売場設置計画に「断固反対」

   この企画総務委員会に、旧国際劇場隣地での「競輪場外車券売場設置計画」が持ち上がり、計画に賛成、反対の両方の陳情が
 多数提出され、委員会の傍聴者は廊下にまで溢れました。
   私は<浅草の発展に、この種の施設は絶対に必要ない・・・!>と、徹底的に反対の論陣をはりました。
   この時期、<斜陽の浅草を立て直す為には、ギャンブルしかない・・・>とする街の賛成派から「暗い道には気をつけろ・・・!>などと
 言われて、随分怖い思いもしました。

   まさしく身体を張って反対した訳で、これによって浅草ビューホテルの進出や、ROXビルのオープン、その後の常磐新線(現・つくば
 エクスプレス)計画へとつながり、浅草再生への大事なポイントと確信しています。
   浅草は、歴史・文化・芸術などの特性を充分に考慮して、老若男女が安心して憩える街にすることが、地域発展の基本姿勢ではな
 いでしょうか。
   「清濁併せ呑み、何でもあり・・・が盛り場」という方もいますが、程度問題であり、バランスを考えることも浅草の場合は重要です
  新人議員「誕生」

   1983年4月、35歳の春に、地盤・看板・かばん、俗に言う<三バン>の
  どれひとつもなく、あるのは若さと、情熱と、行動力、そして責任感と、
  コツコツと組み立ててきた「未来」に対する理想。
   そんな私を、多くの皆様が初当選へと導いて下さいました。
   選挙結果は1,930票を得て22位でした。
   初当選が決まった時の感激は、終生忘れられない思い出です。
   
   四年間の最初の年には、新人としては過去にも例のない企画総務委員に
  抜擢され、気持ちが高ぶるものを感じました。
   企画総務委員会は、総務関係や財政等を扱う、議会でも中枢の委員会で
  それまでは、代々古参議員だけで構成されてきた委員会です。
  下町ライブの仕掛人

   初当選後、区議会本会議の一般質問で、<従来、区内で催されている祭や各種のイベントを、
  ひとつのレールの上に置き、空いているところに新しいイベントを創造して、街おこし&街づくりを
  と、区内全域をステージとする「下町博覧会」の開催を提案致しました。
   名称は「下町ライブ」と決まり、既に8年目を迎えていますが、これは単なる<区民まつり>では
  ありません。
   商業の活性化を求めると共に、創造される新企画を通じて、様々な人の交流を密にすることに
  よって、新しい街づくりにつないでいく・・・。云わばソフト・ウエアからハード・ウエアを生み出そう
  とする手法です。

   フィールド・ワークを大切にする私の、区政に対する基本姿勢でもあります。
   今までは、行政マンが区役所の中で、自分の机の上でハード・ウエアを考え、それを街に掲示
   してきました。
    しかし今は、先ずソフトを街に充満させ、街づくりへのハードにつなぐことが重要です。
  下町七夕の仕事人

   「下町ライブ」の一環として、「下町七夕」はこのようなを発想の基本に、上野と浅草の中間にある
  地域(東上野、北上野、松が谷、西浅草)の活性化を求めて、提案されたものです。
   私が「下町七夕」という名称を提案した、云わば名づけ親ではありますが、七夕を開催することが
  目的ではありません。
   地域や商店街に活力を生み出すために、定住促進や、緑化等による快適な生活環境づくりへと
  大きく育つことが最終目的なのです。
   これを進めていくためには、昨今の地価暴騰など、多くの問題が山積みしており、着実に進めて
  いく努力をつづけて行かなければなりません。
  危なかった二期目の選挙

   1987年4月の区議会議員選挙では、私自身の不徳と致すところであわや<落選>という思いを
  しました。

  
「二期目は危ないというジンクスもあり、皆様からご注意を受けていたのですが、私の気持ちの
  どこかに油断・安心感があったのでしょう。
   最後まで当落が決まらず、支援者の皆様方に、ご心配をおかけしてしまいました。
   
   選挙の結果は1,410票の得票で34位、やっと乾杯が出来たとき、「次回はもっと早い時間に
  当選を決めるぞ!」と誓ったものです。   
  常任委員長を歴任

   二期目の四年間の最初は、区民福祉委員会の副委員長を務めましたが、
  次の年に、同じく区民福祉委員会の委員長に就任しました。

   三年目には建設委員会の委員長、最終年度には再び保健福祉委員会の
  委員長に就任しましたが、四つしかない常任委員会の委員長ポストに、三年
  連続で就任するのは、台東区議会の長い歴史の中でも例のないことです。
  思い出の多い区民福祉委員長

   通算3年間在籍した区民福祉委員会では、特別養護老人ホームとして23区内で一番に
  完成した「特養・浅草」、続けて「特養・谷中」の計画実現に、一生懸命取り組みました。
   また、千束4丁目で建設が始まった、病院と老人ホームの中間的な位置にあって、社会
  生活への復帰を目指すための「老人保健施設」や、区内で3番目の特別養護老人ホーム
  などが併設される「総合福祉センター」が、三ノ輪1丁目の旧国鉄の用地(焼く500坪)で
  着工しています。
   障害者対策では「作業所」や、「生活寮」などの問題解決に、打ち込んできました。
   更には、障害者の通所訓練施設として「ほおずきの家」のオープンや、入谷南公園での
  「みんなの広場まつり」の開催、寿1丁目での公園と児童遊保育施設の進行・・・・・。微力
  ですが、福祉という重要な分野の充実に、お手伝いが出来たことを嬉しく思っています。
   この他にも、合羽橋通りのカラー舗装化と植樹の完成、友好都市・古川市との「防災相互
  協定」の締結、不忍池に二代目「水上音楽堂」完成、桜橋周辺の親水テラスや、上野駅前
  昭和通りを跨ぐ「ジュエリーブリッジ」の開通、常磐新線建設のため第3セクターの設立。
   また、東泉小学校や松葉小学校の新校舎落成、統合による浅草中学校や平成小学校の
  開校、上野小学校の新築開校と台東区初の室内温水プールの完成・・・。二期目の4年間の
  思い出はつきません。
  内山区長が勇退

   4期16年・台東区政を引っ張ってこられた、内山榮一区長が任期満了で勇退することに
  なりました。
   私が始めての選挙で、新人ゆえに四面楚歌で迷い、悩み、苦しんでいるときに、内山先生
  が「田口がかわいそうだ・・・・・」と云って、ご自分の選挙カーを、私の選挙カーと連ねて「区長
  の内山です。田口を宜しく・・・!」と、一緒に廻って下さったことなど、忘れられない思い出が
  一杯です。
  好成績で三期目当選

   三回目の選挙は1991年4月に行われ、2128票/第8位の好成績で、当選させていただきました。
   前回の選挙の時、心密かに誓ったことが実現して、喜びも格別のものがありました。
  飯村区長が「誕生」

   この区議選と同時に行われた区長選挙には、私の恩師であり東京都議会議員の飯村恵一
  先生が、政治活動25年余の経験と実績で、「調和区政」を掲げて立候補し当選しました。
  決算特別委員長/予算特別委員長につづけて就任

   3期目のスタートは、議員になって初めて文教衛生委員会に所属して、未来を担う子ども達の教育や
  子どもから大人までの生涯学習のため、地域コミュニティの充実、生涯教育施設の拡充問題などに
  取り組んでいます。
   また、決算特別委員会の委員長と、予算特別委員会の委員長に、同じ年に続けて就任するという、
  前例のない大抜擢も受けました。
  「副議長」に就任

   1992年6月の定例区議会に於いて、副議長に選任されました。
   常に重要な立場にあって、思う存分に仕事が出来るのも、岩瀬桂助後援会連合会会長を筆頭に、
  応援してくださる役員さんや素晴らしい後援者の方々のおかげです。
   しかし、その一方で関本幸一郎初代後援会長や、飯田繁夫はるよし会代表をはじめ、大切な方々
  を病気で失うなど、深い悲しみもありました。
   我がことのようにご支援くださる皆様が、夢に描いた、理想としている、明るく豊かで活力ある台東
  区を創るために、ご恩返しの気持ちを深く込めて、新たな決意をしています。
  そして明日へ・・・

   今日まで、台東区の活性化>を求めて、私自身の理念・信念に基づき、本会議や
  各種の委員会は勿論、あらゆる場面で積極的に質問・提案を続けてまいりました。
   この発言・行動に対して、<政策通><理論家><実務家>とのご評価もいただき、
  身に余る光栄です。

   議会活動10周年、副議長就任を契機に、議会制民主主義の健全な発展を心から
  願うと共に、皆様の代弁者として、是々非々の立場を貫き、総合的な視野から現在と
  未来を見据えて、<いい仕事>をてまいります。
今日まで・・・、そして明日から・・・

   議員活動10周年を迎えた1992年、副議長に就任した際に「今日まで
  そして明日から」と題して記したものです。
   拙文ですが、ご一読いただければ幸いです
1982〜1992